電力自由化ってなに?

2000年の3月から、法律の改正によって部分的に電力自由化がスタートしました。

この時点では大規模工場などが対象であり、一般家庭では電力自由化はされていなかったのですが、2016年の4月からは全面自由化となったため、一般家庭でも電力自由化となりました。

それでは、この電力自由化とは一体どのような制度なのでしょうか。
簡単にご説明すると、電力自由化とは、消費者がさまざまな会社から電力を直接購入できるということです。

電力が供給される仕組みとして、水力・火力・原子力・太陽光・風力・地熱などの発電所で発電して電気を作り、送電線で変電所へと送ります。

変電所では電力のバランスを調整して安定した電力を供給できるようにします。このようにして出来上がった電力が、毎日配電線で消費者へと供給されています。

電力の供給に際しては、消費者は電力会社と契約し、毎月電気料金を払っていますね。

電力の小売りをする電力会社は、電力自由化以前では東京電力、中部電力、関西電力といった地域ごとの大手電力会社のみでしたが、電力自由化によって地域ごとの大手電力会社以外も電力の販売を行なうことができるようになりました。

こうして電力自由化に伴って新しくできた電力会社は一般的に「新電力」と呼ばれています。大手電力会社とは別の小売電気事業者のことですね。

今までは住んでいる地域によって電力会社が決まっていましたが、自由化によって複数の新電力会社から自分のニーズに合った電力会社を選べるようになったのです。

電力自由化以前では地域によって電力会社が決まっていたため、市場は大手電力会社による独占状態となっており、電力は高額な一律料金でした。

また、電力自由化以降でも、大手電力会社では従業員の給料も含め、電力を安定供給するためにかかるコストを電気料金に反映させなければなりません。

その上、使用電力のMAX消費電力が電気料金となりますから、必然的に電気料金は高くなってしまいます。

一方で、新電力によって供給される電力は、売り上げや利益の創出を行なうために最低限必要なコストを踏まえて電気料金に反映させています。

無駄に使っている電気代を効率良く使っているため、電力を安く供給することが可能となっています。

新電力は安く電力を使用できますが、市場には数多くの電力会社が存在します。その中から消費者が自分のニーズに合った新電力を判断するのは難しい状況ですね。

それを解決するために発足したのが「電力自由化推進協会」です。電力自由化推進協会とは、検針票をもとにして所属する数ある電力会社を広範囲にわたって比較し、消費者のニーズに即した新電力をピックアップして紹介してくれるというものです。

このように、電力も消費者が自分で選んで購入できるという時代がやって来ました。今までの電気料金を見直し、新電力と比較してみると良いですね。

なぜ新電力に切り替えるとお得なの?

簡単に節約ができます!

大手電力会社と比較すると、新電力は電気料金を簡単に節約することができます。

大手電力会社では従業員の給料も含めて電力を安定供給するためにかかるコストを電気料金に反映させる必要があります。

また、使用した電力のMAX値の消費電力が価格となるということもあり、電気料金は高額となります。人件費や莫大な設備投資・管理費・修繕費といったコストが電気料金にダイレクトに影響しているのです。

新電力では売り上げや利益の創出にかかる最低限のコストを踏まえた上で、無駄を削減して効率の良い電気料金を設定しています。そのため、大手電力会社と比べると安価な電力を供給することができます。

そして、純粋に電力を削減することができますから、不必要なオプションに加入する必要もありません。シンプルなシステムで安価に電力を供給してくれるのが新電力というわけですね。

初期費用がかからない

電力会社を変えるとなると、事務手数料などの料金がかかるのではないだろうか?と心配される方もおられるでしょう。

いくら電気代が安くなるにしても、初期費用にコストがかかるとなると気軽に契約することはできませんよね。

けれども、新電力への切り替えにはそういった初期費用はかかりませんのでご安心ください。

新電力への切り替えにあたっては、電力メーターを「スマートメーター」に交換する必要がありますが、この設置工事は無料で行われます。

自分のニーズに合った電力会社が見つかれば、初期費用を気にせずにご契約いただけます。

最安値を選べる

電力自由化推進協会がピックアップする電力会社の電気料金は協会料金です。

そのため、市場最安値の電気料金を選ぶことができます。数多くの新電力会社の中から自分で探す手間を省くことができるだけではなく、協会を通して最安値の電気料金で電力を利用できるということですね。

電気は基本的に毎日利用するものですから、ご家庭や店舗、オフィスや工場など、場所を問わず少しでも安く使うことができれば助かりますよね。

新電力へ切り替えることで、毎日使っている電力の値段を安くすることができます。

電気料金を安くするために新電力へ切り替えたいという方は、電力自由化推進協会を通して新電力をピックアップしてもらうことでよりリーズナブルに電力を使うことが可能です。

お手続きが簡単

電力会社を新電力に切り替えるにあたって、煩雑な手続きなどは必要ありません。

現在ご利用されている電力会社への解約届出の連絡をする必要はなく、検針票さえご準備されていれば契約する新電力会社によって一括手続きを行なうことが可能となっています。

検針票をご準備いただければ、後は新電力会社が現在の電力会社への解約届出の手続きを行なってくれますから、自分で色々な所へ連絡しなければいけなかったり面倒な手続きをしなければならないということがありません。

そういった余計な手間を省くことができ、簡単にお手続きができますから、新電力への切り替えも気軽に行なうことができますね。

契約期間の縛りがない

新電力に切り替えた後に、さらに安い電気料金の電力会社が見つかったという場合、簡単にそちらに乗り換えることができるのかということも気になるところですよね。

契約期間が定まっていれば、より良い電力会社が見つかったとしても気軽に乗り換えるということはできません。新電力では契約期間はどのようになっているのでしょうか。

新電力には、一部を除いて契約期間に縛りがありません。

そのため、例えば切り替えた後の新電力会社の電気料金よりも安い電力会社が見つかったという場合にはお乗り換えが可能となっております。

よりニーズに合った電力会社があれば、気軽に乗り換えることができるというのが新電力の魅力です。いつでもよりリーズナブルに電気を使うことが新電力では可能なのです。

本当に安くなるの?

本当に新電力で電気料金が安くなるのか疑問だと思われる方もおられるでしょう。また、一体どの程度安くなるのかということも気になるポイントですよね。

それではそのような疑問にお答えするため、実際に新電力によって電気料金が安くなった例をご紹介します。

まず、単身でお住まいの方で電気使用量が154KWhから287KWhの場合の実例です。

こちらの方は、大手電力会社をご利用の際には年間の電気料金は約6万205円でした。月額の平均は約5017円ですね。

しかし、新電力会社に切り替えることによって年間電気料金は約5万7769円となりました。年間約2436円安くなっていますね。

新電力にすることによって月額平均は約4814円になりましたから、この場合ですと月に203円の電気料金が削減できています。電気料金削減率は約4.0%となります。

それでは、4人でお住まいのご家族の場合はどうでしょうか。こちらの例では電気使用量は372KWhから692KWhです。大手電力会社をご利用していた頃の年間電気料金は約15万7399円でした。

新電力会社に切り替えることによって、こちらのご家庭では年間電気料金をなんと14万6224円まで削減することができました。

年間約1万1175円の削減ですから、月額約931円ですね。この場合の削減率は約7.1%です。新電力に切り替えるだけで、10年で11万円以上の節約をすることができます。

このように、単身でお住まいの方でも、ご家族でお住まいの方でも、新電力に切り替えることによって電気料金を削減し、簡単に節約することができます。

電気代を節約するためには、こまめに電気を消したり電化製品の使い方に気を使うという節電による方法だけではなく、現在ご利用の電力会社をよりリーズナブルな新電力に切り替えるという方法も効果的です。

その上、新電力に切り替えるという方法は面倒な手間や手続きも必要ありませんし、初期費用もかかりません。

煩雑な手続きを踏むことなく、余計な手間を省いた上で電気料金自体を安いものに変えることが可能です。

電力自由化以前はお住まいの地域によって電力会社が決まっていたため、電気料金自体を安くするという余地がなく、電気料金の節約をするためには節電をするという方法が主要なものでした。

しかし現在では節電するという方法に加えて、多くの新電力会社の中からニーズに合った、よりリーズナブルな電気料金の会社を選ぶという選択肢があるのです。

「電力自由化推進協会」の特徴は?

電力自由化推進協会は、電力自由化に伴ってできた数多くの小売電気事業者、つまり新電力を、消費者の方々のニーズに即してピックアップし、ご紹介するというものです。

新電力契約単体での市場最安値の電力会社をご紹介することが可能ですから、純粋に電気代を下げたいという方におすすめです。

ご利用の地域へ供給のある新電力会社への相見積もりを新電力会社へ全て依頼し、最安値をご提示します。

単価やシミュレーションに相違が発生することもないため、ご検討の際に迷うこともありません。

また、従量電灯は電気明細書が1枚あれば、どの程度単価が下がるのかシミュレーションすることが可能ですし、より詳しくシミュレーションしたいという場合には1年分の電気明細書があれば行なうことができます。

新電力に乗り換える際の注意点は?

とても魅力的な新電力への乗り換えにも、いくつか注意しておくべき点があります。

1. 契約期間・解約時の違約金

まず気を付けておくべきことは、契約期間や解約時の違約金についてです。新電力会社には契約期間がない場合がほとんどですが、一部の電力会社では契約期間を設けている場合があります。

また、契約期間がある場合には解約する際にどの程度の違約金が必要なのかということも確認しておく必要があります。

他の電力会社に乗り換えしたいと思ったり、引っ越しで解約が必要になるという可能性もあります。そういったことも含めて、解約条件が厳しい電力会社は場合によっては避けた方が良いでしょう。

2. スマートメーターの設置工事は無料なのか

新電力への切り替えにあたって交換するスマートメーターの設置工事は基本的に無料で行われますが、一部の電力会社では事務手数料を取る場合があります。

上記の解約条件もそうですが、トラブルが起こらないように事前に確認しておいた方が良いでしょう。

3. 年間の電気削減額

また、年間の電気削減額は電力会社や使用電気量によっても異なります。

まずはどの程度削減できるのかどうか、実際にシミュレーションを行なって確認されることをおすすめします。

4. 大規模工事は不要か・停電の恐れがあるのか

他には、新電力への切り替えのために大規模な工事が必要になるのではないか、停電の恐れがあるのではないかと心配される方もおられますが、新電力で使用する電気が送られる配電線はすでにあるものを用いますので、大規模な工事を行なわなくても新電力会社と契約して電力を使うことができます。

今よりも停電しやすくなったり電力の供給が不安定になるということはなく、電気の明るさが変わるということも起こりません。

万が一新電力会社が倒産した場合でも、地域の大手電力会社が代わりに送電を行なうというバックアップ体制が整っていますから、停電になることはありません。

電気の質や停電の恐れに関して、現在と同じように安心してご利用いただけます。

新電力に乗り換える際には事前にシミュレーションを行ない、契約前に契約内容をしっかりと確認することが重要なポイントです。

これらに注意した上で、電力に対する新しい選択肢をぜひ実感してくださいね。

side



シミュレーショのご依頼


従量

低圧

高圧



問い合わせ